眼精疲労の原因と予防対策

眼精疲労の症状は、目がかすんだりぼやけたりするほか、目の奥が痛むこともあります。ひどくなると頭痛や吐き気がする人もいるでしょう。眼精疲労の原因は、実に多岐に渡ります。デスクワークや長期の運転で目を酷使することもよくありません。

スマホやゲームにより、症状が出るケースも多いです。また老化により老眼や乱視が悪化すると、ものが見えにくくなるため目が疲れます。年を取って目の疲れが目立つようになる人もたくさんいます。さまざまな要因が重なり眼精疲労が起こるケースも少なくありません。

対処策や予防としては、目薬をこまめにさすのもひとつの方法です。市販のものでも良いですが、眼科を受診して適切な薬を処方してもらうのが堅実です。日頃から、目を休ませる癖も付けましょう。数時間デスクワークをした後は、しばらく遠くを眺めたり目を閉じたりして休憩します。

緑の自然を見ることも、目に良いです。濡れタオルをレンジで温めて、目の上に置くと血流促進になり眼精疲労が緩和します。優しく目の周りをマッサージするのも疲れを癒すことができるでしょう。さらに食事やサプリで、目に良い成分を補給したいものです。

アントシアニンやルテインなどが眼精疲労に効く成分として知られています。食べ物ではブルーベリーのようなベリー系のフルーツに多く含まれています。もともと視力が低い人は、自分に合う度のメガネやコンタクトをきちんと活用することも目を守ります。できることから始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です