眼精疲労の原因とセルフケアについて

目を使いすぎてしまうことによって、目がかすんで見えにくくなったり、目に痛みや充血がおこる状態を眼精疲労と呼びます。通常の疲れ目と異なり、十分に睡眠をとったり目を休めたりしても改善することがなく、ひどくなると肩こりや頭痛のほか、吐き気やイライラなどの全身症状に進行してしまうこともあるのが特徴です。眼精疲労の原因としては、まずはスマートフォンやパソコンなどで目を酷使しすぎていたり、精神的なストレスによって引き起こされたりといった生活習慣が影響していることが考えられます。そのほかには眼鏡やコンタクトレンズの度が合っていなかったり、ドライアイや白内障などの目の疾患が影響しているケースもあり、その場合には眼科での適切な治療が必要です。

眼精疲労は症状が軽い場合には、セルフケアによって対応することもできます。生活の中でなるべく目が疲れるような作業を少なくすることを意識したり、パソコンの作業環境の見直しをすることも有効です。また、目を使ったあとにはマッサージやツボ押しをして目の周りの筋肉をほぐしたり、蒸しタオルを目にあてて温めるのも効果的でしょう。さらに、目の働きをサポートするビタミンBやビタミンEなどの栄養素の摂取を意識することでも、目の粘膜や末梢神経を正常に保ったり、抗酸化作用で神経を保護して血行を促進することが可能です。

食事で不足していると思われる場合には、サプリメントや医薬品などを上手に活用して、栄養素を補充することでも症状の改善が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です