眼精疲労の原因とセルフケア

目を使いすぎると体全体も疲れてきてしまいますが、このような症状を眼精疲労と言います。眼精疲労は、長時間目を使う作業によって全身が疲れて、休憩や睡眠を取っても十分に回復しない自状態です。原因は目を使いすぎて、目のピントを合わせる毛様体筋が疲れてしまうことや、自律神経のバランスが崩れているためです。目が重い、霞んだり乾いた状態になる、充血したり瞼がピクピク動く、痛みや眩しさなども現れるとがあります。

他にも、頭痛や肩こり、イライラや吐き気など色々な症状が現れてしまいます。このような状態を避けるためには、セルフケアも重要となってきます。手軽にできる方法としては、目の機能に効果的なビタミンを積極的に摂取することがおすすめです。ビタミンB1は、神経や筋肉に作用して眼精疲労を改善します。

ビタミンB2とB6は粘膜などを健康に保つ効果があり、ビタミンB12も神経・筋肉に作用して粘膜を正常に保ちます。食事で不足しがちな場合には、サプリメントで補うのも効果的です。適度に目薬を使うのも良いとされています。毛様体筋をリラックスさせるには、マッサージや目の運動をするのも有効です。

目の周りにあるツボを眼球を押さないように注意しながら一箇所5~6回程度押すと血流が良くなります。長時間作業する場合には、午前・午後に一回ずつ上下左右回転させる目の体操をするのも毛様体筋の柔軟性を保つことにつながります。他にも、ホットタオルなどで温めるのも目を疲れをとるのに役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です