眼精疲労を引き起こすさまざまな原因について

眼精疲労は視界がかすんでしまったり、ぼやけてみえたりするほか、目の充血や痛みが続いたり、まぶたの裏側が真っ赤になってしまうといった症状が続く目の疾患です。目を休ませてストレッチをしたり、十分に睡眠をとることで改善する場合には、目を酷使したことによって疲れ目の症状が出ただけとも考えられますが、休息をとっても長引く場合には早めの対処が必要です。眼精疲労を放置すると、目の症状だけではなく首や肩の凝りに始まり、慢性的な頭痛、めまいや吐き気といった全身の不調につながってしまうこともあるので、軽く考えずに眼科を受診して専門医に相談するようにしましょう。眼精疲労を引き起こす原因はさまざまで、人によって異なります。

生活習慣が原因の場合には、パソコンやスマートフォンの画面を長く見続けていること、目を酷使するような職業に就いていることのほか、精神的なストレスが引き金となることもあります。また、眼鏡やコンタクトレンズの矯正が合っていなかったり、老眼などで視力が急激に変化したことが原因となることも多いです。さらに、ドライアイや緑内障などの目の疾患が原因となっていたり、目以外の病気によって眼精疲労が起きている場合もあります。そのため、眼科ではまず最初に患者から普段の生活習慣や職業などのヒアリングをしたり、他の病気がないかどうかの検査をして原因を突き止めてから適切な治療に進みます。

眼科以外での治療が必要な場合にも、連携する医療機関にスムーズに紹介してもらうことができるので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です