眼精疲労は放置しないことが大切

眼精疲労に悩まされていても慢性化している症状だから仕方がないと考える人がいますが、放置せずにきちんとケアを行えば改善される可能性も高いので、まずは日常生活の中で行えるケアを実践しましょう。基本的なことですが、眼精疲労になったらきちんと目を休めることを考えなければなりません。まだ仕事が残っているからとか、見たいテレビがあるという理由で酷使し続けるとなかなか治らなくなりますので注意が必要です。パソコンで作業をする場合でも1時間に1回は休憩を取り、遠くを眺めたり目をつぶったりして休ませます。

集中したり酷使した時には通常よりも多くの血液が送り込まれていて、目の血管が拡張することで充血が起こったり眼精疲労につながるケースもあります。その場合は冷たい水で絞ったタオルを乗せておくと症状が和らぎますし、血流を改善するために温かいタオルを乗せるのもお勧めです。レンジで加熱したタオルを使うと、血行が良くなって緊張がほぐれ、リラックスした状態が作られます。市販のホットアイマスクもありますので、そのようなグッズを上手に使うことをお勧めします。

必要に応じて目の体操も取り入れましょう。筋肉を少しだけ刺激して疲れをほぐすことを目的としており、やりすぎは厳禁です。やり方はとても簡単であり、上下や左右を交互に見たり、目を寄せます。ぐるぐると回す方法もあり、これらの動きを適度に行うことで自然と疲れ目も改善されていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です