ためらわずに遠近両用レンズを使ってみよう

遠近両用が必要になってくる年齢は人それぞれですが、45歳前後でそろそろ必要になってきたなと感じる人が多いようです。早い人では30代後半から手元が見づらいと感じることもありますが、老眼鏡という呼ばれ方をすることもあり、遠近両用を使うことにどうしても抵抗がある人が多いです。度数の合っていない今までの近視用レンズを使い続け、そのせいで目が疲れてしまうことは言うまでもなく、仕事や家事に支障を来たしてしまうこともあるでしょう。遠近両用を使い始める世代の場合では、軽い老眼であるケースがほとんどです。

そのため、遠近両用レンズと言っても、遠くを見る部分と手元を見る部分の境目があまりきつくはないはずです。コンタクトレンズの外箱に書かれている度数のデータを見たことがある人は分かると思いますが、遠くのピントを合わせるためのものは「-」で表記され、近くのピントを合わせるには「+」で表記されます。眼科やメガネ店などで測ってもらうと分かりますが、軽い老眼で「+」の度数がゆるいなら、遠近の差も小さくなるためほぼ違和感なく使えるでしょう。ところで、最近ではきつい老眼でも比較的使いやすいレンズが出ています。

従来では、遠くを見る部分と近くを見る部分の境目の差が大きく、使っているうちに酔ってしまう人がいたり、調整に何度も足を運ぶ必要があったりとなかなか不便なものでした。そういった欠点をカバーした新しいタイプのレンズを選ぶことも可能なので、ためらわずに一度使ってみるのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です