手元が見づらいなら積極的に遠近両用を使おう

最近では、遠近両用レンズのイメージも変わりつつあります。確かに、遠近両用は老眼鏡とも呼ばれることがあるため、年配の人のためのものという感じは否めませんが、実は比較的若い世代でも使っている人が増えています。おそらく、メガネ店やコンタクトレンズ販売店などが、若い世代でも抵抗感なく使える印象を世間に与えられるよう上手くPRしているためでしょう。最も大切な遠近両用の掛け心地ですが、一つのレンズの中に遠くを見るための領域と手元を見るための領域が存在しているため、同時に2つの度数を合わせなければなりません。

その調整が割と難しく、度数としては合っているにも関わらず、どちらか一方の調子は良いのにもう一方の見え方がいまいちといった不快な状態になる可能性もあります。こればかりは、納得のいく見え方を求めてコンタクトレンズを変えたり、メガネ店で調整してもらうしかありません。最近の遠近両用は、遠方と手元でいきなり度数が変わるのではなく、目線が滑らかに移動できるよう中間の領域も設けられています。遠近両用も進化し、より多くの人が目の疲れを感じることなく日常生活を送ることができるよう、研究と努力がなされています。

もし、試してみたい場合はメガネ店やコンタクトレンズ販売店で気軽に試すことができます。一つのレンズで遠近の両方が見えるのは本当に便利なので、最近手元が見づらくなったと感じる場合は積極的に使ってみるのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です