遠近両用レンズで近視と老眼をサポート

視力を矯正するには、メガネはとても役立つ存在です。メガネには矯正用のレンズが使われていますが、それぞれの視力の悩みに応じて最適なレンズを選ぶことになります。近眼の人は近視用、乱視が入っている場合はそれを矯正できるレンズも必要です。さらに、加齢とともに発生しやすくなる目の悩みでは老眼もあげられます。

老眼はピント調節機能の衰えで発生しますが、遠くは良く見えているのに手元など近くが見えにくくなってしまいます。スマートフォンの画面が見えにくい、新聞や雑誌の小さな文字が読みにくいという場合は老眼鏡をかければ読みやすくなります。近眼もあり、老眼にもなっている人は遠くを見るときは近視用、近くを見るときは老眼鏡をかけるなど使い分ける必要もあります。一日何度もメガネを掛け替えるのは面倒だと感じている人もいるのではないでしょうか。

そんな場合は遠近両用レンズを選んでみてはいかがでしょうか。遠近両用はその名前の通り、ひとつのレンズで近視と老眼のどちらもサポートできる便利なレンズです。遠近両用レンズは、見た目も普通のメガネと変わらないので老眼鏡を使っていることを気づかれにくいというメリットもあります。遠近両用レンズは歪みが気になるという人もいますが、今では、より歪みが少なく快適に装着できるものも登場しています。

メガネは毎日のように使うものなので、できるだけ質の高いレンズを選んでおきたいところです。視力を正確に測定することも大事ですので、メガネを作る前は眼科で測定してもらうことがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です