遠近両用メガネを使うメリットと注意点

人は一般的に40代を境に目のピント調節機能が衰えてくるといわれており、近くの物が見づらい状態になります。そのため近くの物をよく見ようとメガネを外したり、逆に掛けたりする必要があるので、こういった動作が煩わしいと感じる方に向けて「遠近両用メガネ」が注目されています。遠近両用メガネは主に累進レンズと二重焦点レンズの2つのタイプがあり、前者は一般的に普及している遠近両用レンズでレンズ上部に配置した遠方をみるための度から、レンズ下部に配置した近くを見るための度へとなだらかに変化していう特等を持っています。このレンズが使われたメガネを一本持っていれば、遠くも近くもしっかり観ることができますし見た目も一般的なメガネと違いがないので日常生活で取り入れても年齢を感じさせないことが最大のメリットです。

ただし利用する際の注意点としては、上下でなだらかに度数が変化している特徴から、周辺部には歪みが起こりやすく斜方視が不得手であることや、視界の変化に敏感な人は加入によって下方で見えている視界が揺れたり、歪んで見えてしまうため慣れるまで時間がかかることが挙げられます。後者は遠くを見るレンズに近くを観るための小窓が付いている特徴があり、一昔はこのタイプが遠近両用レンズとして利用されていました。しかし段階的に度数の変化する累進タイプとは異なり、度数は固定なので見にくいと感じる距離が生じる注意点があります。また近くを見るための小窓がレンズにはっきり見えるので、他人から見て遠近両用メガネを掛けていることがわかってしまう点も注意すべきポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です