近視や遠視と老眼鏡が一つになった遠近両用メガネ

モノを見たときに光が反射してその光が目に入り網膜でピントを合わせ、それが脳に伝わり「見えた」ということになるのですが、網膜よりも前でピントが合う状態になると「近視」になり、網膜より後ろで焦点が合うと「遠視」になります。近視になると近くのものは見えても渡欧のものがぼやけて見えづらくなり、遠視は規格のものも見えるけれど遠くまでもよく見えるという状態です。そして加齢と共に近くが見えにくくなってくるのが「老眼」です。老眼は焦点が合う場所の問題ではなく、ピントを合わすことができなくなってくることが原因です。

ピントは水晶体が厚さを変えることによって合うのですが、加齢によってその調節をする毛様体筋という筋肉が衰えてきて、水晶体も固くなって柔軟性が無くなってくるのです。老眼は近視や遠視とは異なり、目の筋肉が衰えてくることから誰にでも起こってくる症状です。もともと近視の人は、眼鏡やコンタクトレンズで矯正をして生活をしています。近視の人も遠視の人もだれでも筋肉が弱ってくると老眼になりますが、近視や遠視の人が老眼になると近くも遠くも見にくくなってくるのです。

遠くを見るときは近視用の眼鏡をかけて遠くを見るときは老眼鏡をかけるなど大変になってくるので、そんな方用には遠近両用のメガネが役立ちます。遠近両用メガネは、近視や遠視それに乱視の場合にも適応し、いずれかと老眼鏡が一つになったメガネです。遠近両用メガネは見る場所や角度によって距離感が考慮されて作られています。一般的には下の方を見ると老眼鏡、まっすぐや遠くを見るときは上部のレンズを使って調節ができるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です