遠近両用メガネを上手く使って快適なメガネライフを

遠近両用メガネとはその名のとおり、近い場所にも遠い場所にもピントを合わせられるメガネです。40代を迎えると「近くの文字が見えにくくなった」と感じる人が増えてきます。そのときに多くの人が思い浮かべるのは老眼鏡でしょうが、別の選択肢として遠近両用メガネを挙げることができます。老眼鏡は近くの物を見るためのメガネですので、逆に遠くの物はボヤけるようになります。

そのため見る物によって頻繁に老眼鏡をズラす作業が必要になりますが、この作業には老いを感じさせます。また元々近視で遠くの物が見えにくい人は、老眼鏡と近視用メガネを使い分けたりと煩雑になってしまいます。遠近両用は、上側は遠くの物を見るための度数、下側は近くの物を見るための度数に設定されています。そのためメガネをズラしたり使い分けたりすることなく、視線を動かすだけで視界全てにピントを合わせることができます。

しかしこのように特殊な作りをしているため、遠近両用には慣れが必要です。「買ってみたが自分には合わなかった」という人もいます。まずは室内で使用して、徐々に慣らしていくようにしましょう。最初から普通に使用すると、階段などの段差でつまずいたりする危険があります。

また車の運転は完全に慣れてから行いましょう。さらにメガネがズレてしまうと見え方に多大な影響が出てしまうので、フィッティングは完璧に行う必要があります。そのため遠近両用メガネを購入するときは、信頼できる店を選ぶことが大事です。遠近両用のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です