状況によって選ぶべきものが変わるコンタクト

それぞれの状況によって選ぶべきものが変わるのがコンタクトです。強い近視があって矯正するのが大変な人も最近では増えていますが、近視の強い人は目への酸素透過性が高いハードレンズがお勧めです。ソフトレンズの場合には度数が強くなると厚みが出て、酸素不足に陥りやすくなります。そのため、ソフトレンズを使う時には言って時間が経過すると不調を感じることがあります。

シリコンハイドロゲルレンズにすると、それらの不調は緩和されますので、素材によっても異なることを覚えておきましょう。ドライアイの人のコンタクト選びでは、乾燥しにくいことが条件です。ハードレンズは乾燥しにくいことで知られておりピッタリですが、ソフトレンズの中にも利用できるものがあり、例えば、ワンデイなら快適に過ごせます。シリコンハイドロゲルレンズも乾きにくい素材になっていますので、ドライアイの人でも不調を感じにくいかもしれません。

コンタクトをしていること自体が難しいほどの症状が出ていたら、一時的に利用を取りやめて改善するのを待つのが賢明です。乱視の人はコンタクトを使えないのではないかと悩むことがありますが、最近では乱視用のレンズも続々と登場しています。乱視用は角膜の歪みを矯正しやすいハードレンズが良いとされており、乱視用のソフトレンズもフィットすることがあります。ただし、乱視の度数や軸方向によっては適応が難しいケースもあり、その場合はハードレンズで慣れるようにするのが現実的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です