乱視や遠視のある方のコンタクト

乱視のある人のコンタクト選びでは、矯正しやすいハードレンズが向いています。乱視の人はメガネで過ごすことも多いのですが、スポーツをする時はメガネでは不都合を感じることがあります。ハードレンズにしても異物感に耐えられないケースがあり、その場合はソフトレンズを使うのが正解です。ソフトコンタクトの場合は最初から異物感が無く、スムーズに慣れることができます。

ただし、乱視用は目の中で一定の方向に安定することではじめて乱視がきちんと矯正されますので、目の中で安定しにくい人は上手く使いこなすことができません。原因が分かれば対処できるケースもありますので、眼科で相談してみましょう。遠近両用を希望する場合も、従来はメガネを使用することが主でした。しかし、近年ではコンタクトでも対応できるようになっています。

各メーカーから出ていて、遠くも近くもある程度は見えます。ただし、くっきり見えるような類のものではないため、見え方に妥協は必要です。見え方は商品によって異なりますので、色々な商品を試してみて快適に過ごせるものを選ぶことが大切です。近視の人だけがコンタクトを使うわけではありませんが、やはり乱視や遠視があると利用できるものが限られてきますので、まずは自分に合った商品選びをすることから始めなければなりません。

それらの特殊なコンタクトに慣れてくるとメガネで過ごすよりも快適だと感じられるようになり、スポーツも問題なく行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です