コンタクトを使っていた不調を感じた場合

コンタクトを使っていて不調を感じたら、まずはレンズに傷がついていないかを確かめるのが先決です。指を怪我していたり皮膚が荒れたりしていると、気づかないうちにレンズに傷がついてしまうことがあります。小さな傷が亀裂となって破れてしまうこともありますので、その前に問題が起きていないかを確認する必要があります。取り外してみて問題が無いことが分かっても、再び装着して違和感を感じる場合には目にトラブルが発生しているかもしれません。

長い間コンタクトを使っていても、ある日急に合わなくなることがあります。その時々の体の状態によっても使い心地は変わりますので、調子が悪いと感じる日は無理をせずにメガネで過ごしましょう。季節的な要因が絡んでいるケースもあり、アレルギーによってコンタクトが合わなくなることがあります。アレルギー持ちの人は、症状が現れている間だけでもメガネにする等対処が必要です。

かゆみや涙といった明らかな異変が出ている時も、コンタクトに適しているとは言えません。ドライアイになってしまってこれまで使っていたコンタクトが合わなくなったと感じる場合、含水率の低いレンズを選ぶと良いでしょう。含水率の低いものは長時間装着していてもゴロゴロすることがなく、一日中快適に過ごせます。付け心地は情報からだけでは分かりませんので、試しにつけてみて確認するのがお勧めです。

装着感に優れているものを選ぶと、ストレスを軽減できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です