疲れ目の原因と改善策を知る

目は体の中でも特に大切な役割を持つ器官ですが、酷使する部分でもあるので不調を感じている人は多いものです。高齢になると目の機能も落ちていきますが、目を酷使する機会が多い若い世代でも疲れ目などの症状を訴える人は多くなっています。目が疲れると頭痛や肩こりなども併発しますので、早めに改善していきましょう。疲れ目の症状を感じているときは、適度に目を休めることも大切です。

ドライアイになると、特に目も疲れやすくなるので意識してまばたきをする、目を動かすなどの工夫もしていきたいところです。ホットタオルなどで目を温めることも改善につながります。軽度であれば、市販の目薬も活用してみると良いでしょう。疲れ目の原因は、度数のあっていないメガネやコンタクトレンズを使い続けていることもあげられます。

長年、同じ度数のメガネやコンタクトレンズを使っている人は、眼科で視力を測り直してもらうこともおすすめです。それから、中年期以降になると老眼の症状を訴える人も増えてきますが、こうした症状も目を疲れさせることになります。新聞や本を読むときは老眼鏡なども活用していきたいところです。老眼は年配の人の症状というイメージもありますが、スマートフォンの普及で老眼のような症状が出る若い世代も増えているといわれています。

症状は一時的なものであることも多くなっていますが、放置していると悪化するおそれもありますので、早めに対応策は考えておきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です