目の悩みは深刻化する前に解消させる

花粉症で目が痒くなったりコンタクトレンズ着用に伴う異物感が生じたり白内障や緑内障や老眼など加齢による不調が出たりなど、目の悩みには様々なものがありますが、忙しい現代人が悩まされるものと言えば国民病にもなりつつある眼精疲労です。パソコンでの細かい作業や長時間にわたるスマートフォン操作をしていると疲労度が増して肩や首や頭まで痛くなる、集中力低下で注意散漫になり仕事中にケアレスミスを連発させてしまう、物を見るのが億劫になり日々の生活におけるモチベーション維持が難しくなるなど、目の悩みがありとあらゆる二次的な問題に発展して困っているという方は多いのではないでしょうか。たかが目の悩みと軽んじて眼精疲労を放置すると、慢性化や重症化のリスクが高くなりますので、まずは自分で出来る対策を積極的に行いましょう。眼精疲労の辛い症状を解消させる方法についてですが、眉毛が生えている部分を指で揉んでマッサージしたり蒸しタオルで目を覆って温めたりして血流を促す、眼科で視力検査やドライアイの検査を受けて検査結果に応じてより良いメガネやコンタクトレンズを選ぶ、目を酷使して疲れてしまった場合は無理しないで目をとじて少し休ませる、疲労回復効果をもたらす成分配合の目薬で栄養チャージをしてリフレッシュさせるなどがあります。

歯の噛み合わせの悪さや骨盤の歪みやストレートネックなどが原因で生じている可能性もありますので、目の悩み以外の悩みとも照らし合わせながら原因を特定することも大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です